イビサクリームは薬局やドラッグストアでも買えるの?

イビサクリームは薬局やドラッグストアにも売っているの?

イビサクリームは薬局やドラッグストアでも買うことができるかどうかが気になるところです。実際のところは、ドラッグストアにも薬局にも、さらにはコンビニやドンキホーテにも売っていません。完全にネットショッピング限定の商品となります。後は、イビサワックスという、イビサクリームを開発したサロン内であれば買うことができます。イビサワックス自体は全国展開しているわけでもないので、近所にイビサワックスがないのであれば、イビサクリームはネットショッピングで買った方がいいでしょう。しかし、ネットショッピングとはいっても、やはり楽天やアマゾンで買うのではなく、公式サイトからきちんと買うことを推奨します。公式サイトから買えば、集中ケアコースを受けることができるので、4970円という非常に安い値段で買うことができます。さらに、28日間全額返金保証付きなので、仮にトラブルが生じてしまったとしても、問題なくお金を返してくれます。薬局やドラッグストアと違って使用済みでも問題ないので、サポートセンターに連絡してきちんと手続きすれば問題なく返金してくれます。肌トラブルが起きたら、まずはサポートセンターに連絡しましょう。

薬局やドラッグストアのクリームとイビサクリームの違いとは?

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみを消すためのクリームですが、ドラッグストアや薬局にも売っています。薬局やドラッグストアでは、イビサクリームよりも格安でデリケートゾーンの黒ずみクリームを買うことができます。しかし、配合されている成分が全く違います。一般のデリケートゾーン用のクリームであれば、確かに美白成分も入っていますが添加物や化学物質なども入っています。したがって、肌が弱い方であればかぶれてしまうことがあります。しかし、イビサクリームであればそれらの成分が全く入っておらず、その上コラーゲンやヒアルロン酸などといった美容成分が入っています。もちろん美白成分も入っているので、肌を白くしながら肌を綺麗にしてくれます。肌に負担がかかるために黒ずみができてしまいますので、まずはケアをするときには肌に負担をかけないことが大前提です。したがって、薬局やドラッグストアで市販のクリームを買うのではなく、ネットショッピングでイビサクリームを買うようにしましょう。天然成分が配合されているので、イビサクリームを使うことで負担にならずにどんどん肌を白く美しくしてくれます。

薬局やドラッグストアの商品とイビサクリームの違い

イビサクリームと薬局やドラッグストアの商品の違いは何があるのでしょうか。やはりイビサクリームであれば天然成分が入っていることが一番のセールスポイントになります。イビサクリームには、トラネキサム酸と始めとした医薬部外品が入っています。さらにグリチルレチン酸も入っているので、肌の炎症も抑えてくれます。他にもカモミラエキスやローズ水、サクラ葉エキスなども入っています。触れたくなるほどしっとりとした肌にしたいならば、イビサクリームがいいでしょう。薬局やドラッグストアでも黒ずみ消しのためのクリームは入っていますが、やはり医薬部外品の成分が入っていないことが多いです。ハイドロキノンが入っていることもありますが、刺激が強いので肌荒れしてしまうこともあります。しかし、イビサクリームの成分は、肌荒れしない成分が入っていますし、さらに肌荒れを抑えてくれるグリチルレチン酸が入っているので、肌を正常に整えてくれます。読者モデルやタレントの間でも話題になっているのは、それだけ効果があるからです。安全性についてもとても信頼できます。